Functional Organic Materials Laboratory 名古屋大学大学院理学研究科
理学専攻 物質・生命化学領域 機能有機化学研究室
トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM)

NEWSmore

2024-6-27研究成果
Dithieno[2,3-b;3,2-f]phosphepinium-Based Near-Infrared Fluorophores: px-π* Conjugation Inherent to Seven-Membered Phosphacycles
K. Andoh, M. Murai, P.-A. Bouit, M. Hissler, S. Yamaguchi
Angew. Chem. Int. Ed., 63, e202410204 (2024).
  • [DOI: 10.1002/anie.202410204]
  • 2024-6-10研究成果
    Introducing a π-Skeleton Perpendicular to the Central Methylene Carbon in Alkanediamides: Design of Supramolecular Polymers with an Offset π-Stacking Arrangement
    Y. Hamada, S. Ogi, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 63, e202409657 (2024).
  • [DOI: 10.1002/anie.202409657]
    2024-5-29研究成果
    Fluorescence Lifetime Imaging of Lipid Heterogeneity in the InnerMitochondrial Membrane with a Super-photostable Environment-Sensitive Probe
    J. Wang, M. Taki, Y. Ohba, M. Arita, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 63, e202404328 (2024).
  • [DOI: 10.1002/anie.202404328]
  • プレスリリース (名古屋大学) (JST)
  • Highlighted as a Inside Back Cover
    2024-5-23イベント
    Dr. Ulrich F. J. Mayer (Mayer Scientific Editing) にお越しいただき、講義をしていただきました。
    2024-5-21イベント
    Prof. Jun Okuda (RWTH Aachen University) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-5-17イベント
    Prof. Calhong Xu (Chinese Academy of Sciences) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-5-7研究成果
    Bis-Ortho-Donor-Modification of Boracyclic π-Electron Systems beyond Steric Protection to Produce Thermally Activated Delayed Fluorescence Materials
    H. Narita, H. Min, N. Kubo, I. Hattori, T. Yasuda, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 63, e202405412 (2024).
  • [DOI: 10.1002/anie.202405412]
    2024-5-2イベント
    Prof. Manfred Scheer (University of Regensburg) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-4-23イベント
    Prof. Stefan Matile (University of Geneva) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-4-15イベント
    Prof. Graham Bodwell (Memorial University of Newfoundland) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-3-31研究成果
    In-Silico Screening and Experimental Verification of Near-Infrared-Emissive Two-Boron-Doped Polycyclic Aromatic Hydrocarbons
    I. Hattori, M. Hagai, M. Ito, M. Sakai, H. Narita, K. J. Fujimoto, T. Yanai, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 63, e202403829 (2024).
  • [DOI: 10.1002/anie.202403829]
  • Selected as a Hot Paper
    Highlighted as a Back Cover
  • プレスリリース (名古屋大学)
    2024-3-12Award
    Nils (PD) received the Poster Award at SupraChem 2024!
    2024-3-7イベント
    Prof. Zachary Hudson (University of British Columbia) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-2-29研究成果
    Stereochemistry-Dependent Labeling of Organelles with a Near-Infrared-Emissive Phosphorus-Bridged Rhodamine Dye in Live-Cell Imaging
    Q. Wu, M. Taki, Y. Tanaka, M. Kesherwani, Q. M. Phung, S. Enoki, Y. Okada, F. Tama, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 63, e202400711 (2024).
  • [DOI: 10.1002/anie.202400711]
  • Very important paperに選出されました!
  • Inside Coverに採用されました!
  • プレスリリース (名古屋大学) (JST)
    2024-2-13イベント
    Dr. Elena Mena-Osteritz (University of Ulm) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2024-2-1お知らせ
    坂井 美佳さんが特任助教として着任されました!
    2024-1-12受賞
    GTR成果報告会2023において、髙橋くん (D2)と安藤くん (M1) が優秀ポスター賞、山田さん (D1)と安藤くん (M1) が企業賞を受賞しました!
    2023-11-27受賞
    安藤くん (M1) が第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会でポスター賞を受賞しました!
    2023-12-5イベント
    Prof. Deqing Zhang (Chinese Academy of Science) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2023-11-6イベント
    Prof. Emmanuelle Rémond (University of Montpellier) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2023-09-14受賞
    伊藤(優)さん (M2) と長谷川くん (M2) が第33回基礎有機化学討論会でポスター賞を受賞しました!
    2023-9-13研究成果
    Dithienoazepine-Based Near-Infrared Dyes: Janus-FacedEffects of a Thiophene-Fused Structure on Antiaromatic Azepines
    M. Murai, T. Enoki, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 62, e202311445 (2023).
  • [DOI: 10.1002/anie.202311445]
  • Very important paperに選出されました!
  • Inside Coverに採用されました!
  • プレスリリース (日本語) (English)
  • ChemStationで紹介されました!
  • Highlightで紹介されました!
    2023-7-22イベント
    浅田くん (M2) が第34回生体機能関連化学部会サマースクールで優秀ポスター賞を受賞しました!
    2023-7-10イベント
    服部さん (M2) がレンヌで行われたIMEBORON 17に参加しました!
    2023-6-23研究成果
    Biomimetic Design of a Robustly Stabilized Folded State Enabling Seed-Initiated Supramolecular Polymerization under Microfluidic Mixing
    S. Ogi, A. Takamatsu, K. Matsumoto, S. Hasegawa, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 62, 202306428 (2023).
  • [DOI: 10.1002/anie.e202306428]
    2023-6-17イベント
    髙橋くん (D2) がローリーで行われたFπ-15に参加しました!
    2023-6-16受賞
    GTRプログラム・リトリートオンライン企画にて、浅田君(M2)、伊藤(正)さん(M2)が所属したチームが、それぞれ異分野融合研究提案コンテストで入賞しました!
    2023-6-15研究成果
    Amphiphile Desymmetrisation-induced Steric Relief Governs Self-assembly Pathways in Aqueous Media
    N. Bäumer, S. Ogi, L. Borsdorf, S. Yamaguchi, G. Fernández
    Chem. Commun., 59, accepted (2023).
  • [DOI: 10.1039/D3CC02297H]
    2023-6-12イベント
    Prof. Michael M. Haley (University of Oregon) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2023-6-7イベント
    Prof. Chunyan Chi (National University of Singapore) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2023-5-20研究成果
    Germanium- and Tin-Bridged Diazulenylmethyl Cations: Effects of the Group 14 Element on the Structure and Properties of the π-Extended Cation
    M. Murai, M. Ito, S. Takahashi, S. Yamaguchi
    Dalton Trans., 52, 8631-8635 (2023).
  • [DOI: 10.1039/D3DT01491F]
    2023-5-15イベント
    田中くん (D2) と濱田くん (M2) がミュンスターで行われた4th IRTG Joint Symposiumに参加しました!
    2023-5-8研究成果
    A Synthetic Strategy for Multi-Functionalized Phospharhodamines via Catalytic P-Arylation
    Y. Asada, M. Taki, S. Yamaguchi
    Bull. Chem. Soc. Jpn., 96, 601-606 (2023).
  • [DOI: 10.1246/bcsj.20230082]
    2023-4-25受賞
    髙橋くん (D2)と田中くん (D2) が日本化学会第103春季年会(2023)において学生講演賞を受賞しました!
    2023-4-4研究成果
    Photodissociative Modules that Control Dual-Emission Properties in Donor–π–Acceptor Organoborane Fluorophores
    M. Kawashiro, T. Mori, M. Ito, N. Ando, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 62, e202303725 (2023).
  • [DOI: 10.1002/anie.202303725]
  • Back Coverに採用されました!
    2023-4-01お知らせ
    Nils Baumerさんが研究員として研究室に戻ってきてくれました!
    2023-04-01お知らせ
    深谷菜摘 さんが京都大学に助教として着任しました!
    2023-3-27受賞
    安藤くん (B4) が名古屋大学理学部長顕彰を受賞しました!
    2023-3-27受賞
    師さん (M2)、安藤くん (B4)、岡村くん (B4) が日本化学会東海支部長賞を受賞しました!
    2023-1-1お知らせ
    森 達哉さんが特任助教として着任されました!
    2022-12-10受賞
    服部さん (M1) が第49回有機典型元素化学討論会でポスター賞を受賞しました!
    2022-12-2研究成果
    Impact of Hydrophobic/Hydrophilic Balance on Aggregation Pathways, Morphologies, and Excited-State Dynamics of Amphiphilic Diketopyrrolopyrrole Dyes in Aqueous Media
    N. Fukaya, S. Ogi, H. Sotome, K. J. Fujimoto, T. Yanai, N. Bäumer, G. Fernández, H. Miyasaka, S. Yamaguchi
    J. Am. Chem. Soc., 144, 22479-22492 (2022).
  • DOI: 10.1021/jacs.2c07299
    2022-11-4イベント
    Prof. Youngmi Kim (Kyung Hee University) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2022-10-16お知らせ
    早川雅大 君が京都大学に助教として着任しました!
    2022-10-15研究成果
    Diazulenylmethyl Cations with a Silicon Bridge: A π-Extended Cationic Motif to Form J-Aggregates with Near-Infrared Absorption and Emission
    M. Murai, M. Abe, S. Ogi, S. Yamaguchi
    J. Am. Chem. Soc., 144, 20385-20393 (2022).
  • DOI: 10.1021/jacs.2c08372
  • プレスリリース (名古屋大学)
    2022-10-6イベント
    Prof. Thomas Baumgartner (York University) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2022-9-26イベント
    Prof. Armido Studer (Westfälische Wilhelms University Münster) にお越しいただき、講演会を開催しました。
    2022-09-22受賞
    山田さん (M2) が第32回基礎有機化学討論会でポスター賞を受賞しました!
    2022-09-14受賞
    師さん (M2) が第16回バイオ関連化学シンポジウムでポスター賞を受賞しました!
    2022-8-12受賞
    髙橋くん (D1),浅田くん (M1),服部さん (M1) が第53回構造有機化学若手の会 夏の学校でポスター講師賞を受賞しました!
    2022-8-8研究成果
    Olefin–Borane Interactions in Donor–π–Acceptor Fluorophores that Undergo Frustrated-Lewis-Pair-Type Reactions
    R. Oshimizu, N. Ando, S. Yamaguchi
    Angew. Chem. Int. Ed., 61, e202209394 (2022).
  • DOI: 10.1002/anie.202209394
    2022-8-5受賞
    田中くん (D1) が赤崎学生奨励賞を受賞しました!
    2022-6-23お知らせ
    当研究室で開発した蛍光脂肪酸AP-C12が,LipiDye®-Mとしてフナコシ株式会社から発売されることになりました!
    環境応答性を示すアザピレンが結合した脂肪酸誘導体であり,細胞内の脂肪酸代謝過程を追跡するための分子ツールです.
    2022-5-9研究成果
    A Negative-solvatochromic Fluorescent Probe for Visualizing Intracellular Distributions of Fatty Acid Metabolites
    K. Kajiwara, H. Osaki, S. Greßies, K. Kuwata, J-H. Kim, T. Gensch, Y. Sato, F. Glorius, S. Yamaguchi, M. Taki
    Nat. Commun., 13, 2533 (2022).
  • DOI: 10.1038/s41467-022-30153-6
  • プレスリリース (名古屋大学)
    2022-4-15イベント
    安田琢磨 先生 (九州大学) にお越しいただき、講演会を開催しました。

    CONTACT

    〒464-8602 名古屋市千種区不老町
    名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM)
    名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系 ITbM棟 3F / 理農館4F
    E-mail: chem.nagoya-u.ac.jp
    教授:山口 茂弘