THE YAMAGUCHI GROUP
名古屋大学大学院理学研究科  物質理学専攻化学系  機能有機化学研究室
 
Presentations

2016


33. キサンテン色素への三配位ホウ素の導入と元素効果の解明

早乙女広樹,安藤直紀,相田祐介,山口茂弘

43回有機典型元素化学討論会,2016年12月8-10日,仙台市民会館

[口頭発表]


32. ピリジル置換平面固定トリフェニルボランの合成と物性

森 正義,山口茂弘

43回有機典型元素化学討論会,2016年12月8-10日,仙台市民会館

[ポスター発表]


31. デザインで拓く発光性有機分子の未来技術

山口茂弘

豊田工業大学講演会,2016年11月24日

[招待講演]


30. Design and synthesis of useful fluorophore skeletons for bioimaging

Shigehiro Yamaguchi

1st ITbM-IoC Joint Symposium, Nagoya University, November 15-16, 2016

[Invited Lecture]


29. 光・電子機能性分子で拓く未来

山口茂弘

42回反応と合成の進歩シンポジウム,2016年11月7-8日, 清水, 静岡

[特別講演]


28. Phosphorus-Containing Fluorophores for Bio-imaging

Shigehiro Yamaguchi

17th Korea-Japan Joint Symposium of Organometallic and Coordination Chemistry, November 3–5, 2016

[Invited Lecture]


27. 光る分子が拓く未来 –– オリジナル分子をデザインし,創り,機能をみる

深澤愛子

「豊西総合大学」講座,愛知県立豊田西高等学校,  2016年11月2日

[アウトリーチ]


26. π電子系の機能追求のための分子デザイン

山口茂弘

新学術領域「π造形科学」,第3回公開シンポジウム,2016年10月20-21日 東北大学

[特別講演]


25. 蛍光性π電子系のデザインと物性追求

山口茂弘

日本学術振興会創造機能化学第116委員会,2016年10月12日,東京

[成果報告]


24. 光る分子が拓く未来

山口茂弘

国際有機化学財団特別セミナー,大分高校生講演会,  2016年10月8日

[アウトリーチ]


23. Intramolecular Cyclization of Thiophene-fused Bisdehydro[12]annulene toward Polycyclic π-Conjugated Systems

Hiroya Oshima

2016 Reaxys Prize Symposium, September 22-23, 2016, London, UK

[Poster Presentation]


22. 蛍光性π電子系のデザインと機能追求

山口茂弘

65回高分子討論会「融合マテリアル学が切り拓く新機能材料の創成」, 2016年9月14-16日,神奈川大学

[招待講演]


21. 局所温度計測を可能にする有機蛍光色素含有高分子ナノ粒子の創成

千田樹絵子,名倉和彦,多喜正泰,山口茂弘

65回高分子討論会, 2016年9月14-16日,神奈川大学

[ポスター発表]


20. Thiophene-fused Dehydroannulenes: Stabilization & Activation of Cyclic π Scaffolds by Moderate Aromaticity of Fused Rings

Aiko Fukazawa

International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules & Materials (CURO-pi II), September 12-14, 2016, Eugene, Oregon, USA

[Invited Lecture]


19. 光・電子機能分子の物性追求により拓く未来

山口茂弘

近大若手シンポジウム「光による物質・エネルギー変換の最前線」, 2016年9月9日,近畿大学

[招待講演]


18. 生体深部イメージングに向けたリン置換キサンテン系色素の創成

多喜正泰GRZYBOWSKI Marek,佐藤良勝,深澤愛子,須田真司,東山哲也,山口茂弘

10回バイオ関連化学シンポジウム,2016年9月7-9日,もてなしドーム,金沢

[口頭発表]


17. ベンゾホスホール P-オキシドを鍵骨格とする超耐光性蛍光色素の開発と超解像蛍光イメージングへの応用

深澤愛子WANG Chenguang,田邉誼之,多喜正泰,佐藤良勝,東山哲也,山口茂弘

27回基礎有機化学討論会, 2016年9月1-3日,広島国際会議場

[口頭発表]


16. ボラフルオレセインの合成と光物性

早乙女広樹,安藤直紀,相田祐介,山口茂弘

27回基礎有機化学討論会, 2016年9月1-3日,広島国際会議場

[ポスター発表]


15. ホスファキサンテン系色素:バイオイメージングに向けた近赤外蛍光色素

GRZYBOWSKI Marek,多喜正泰,深澤愛子,佐藤良勝,須田真司,山口恵理子,山口茂弘

27回基礎有機化学討論会, 2016年9月1-3日,広島国際会議場

[ポスター発表]


14. 近赤外発光性ホスファローダミンチオフェン類似体の合成と物性

難波誉昌,深澤愛子,浅井健吾,多喜正泰,山口茂弘

27回基礎有機化学討論会, 2016年9月1-3日,広島国際会議場

[ポスター発表]


13.分子」のチカラ,「化学」が拓く未来

深澤愛子

多治見北高校1年生向け講演会,2016年6月30日,名古屋大学

[アウトリーチ]


12. Phosphorus-containing fluorophores for bio-imaging

S. Yamaguchi

Core-to-core Joint Symposium, Kingston, Canada, June 29, 2016

[Invited Lecture]


11. Chemistry of Boron-doped Nanographenes

  1. S.Yamaguchi

  2. T.BORAM 2016, Kingston, Canada, June 25-28, 2016

[Invited Lecture]


10. 励起状態の構造制御にもとづいた蛍光ナノ温度計の開発

千田樹絵子,名倉和彦,多喜正泰,山口茂弘

統合物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム, 2016年6月23日,名古屋大学

[ポスター発表]


9. ビスデヒドロベンゾ[10]アヌレンの分子内環化による非対称アントラセンの合成と光物性

竹腰麻由,大島寛也,深澤愛子,山口茂弘

統合物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム, 2016年6月23日,名古屋大学

[ポスター発表]


8. 分子の光で拓く未来

山口茂弘

名古屋大学ITbM Lecture & New Building Tour 高校生向け講演会, 2016年6月11日,名古屋大学

[アウトリーチ]


7. 分子の光が拓く未来

山口茂弘

26回名古屋大学理学懇話会, 2016年6月4日,名古屋大学

[アウトリーチ]


6. 典型元素化学が拓く未来分子材料

山口茂弘

JACI-GSC シンポジウム,2016年6月2日, 神戸

[招待講演]


5. 15族元素リンを鍵とする発光分子のデザイン

深澤愛子

4回慶應有機化学若手シンポジウム,2016年5月7日,慶應義塾大学矢上キャンパス

[招待講演]


4. 分子づくりはロマンだ

山口茂弘

桑名高校訪問講演会, 2016年5月6日,名古屋大学

[アウトリーチ]


3. Phosphorus-containing fluorophores for bio-imaging"

S. Yamaguchi

Fujihara Seminar, April 17, 2016 Fukuoka, Japan

[Invited Lecture]


2. Phosphorus-containing fluorophores for bio-imaging

S. Yamaguchi

PreISOR 2016, April 17, 2016, Kyoto

[Invited Lecture]


1. Main Group Strategy for Photo- and Electro-Functional Materials

S. Yamaguchi

Sino-German Main Group Chemistry Symposium, April 10-15, 2016, Beijing, China

[Invited Lecture]




| 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |

| 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 |